天草のbatsumaru日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道トンボ遠征2017

<<   作成日時 : 2017/09/18 15:51  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

8月25日から9月4日の11日間、北海道トンボ遠征に行ってきました。
天候に恵まれて、11種の初撮影、40種のトンボを観察出来ました。

11日間のレンタカー走行距離は2968kmです。
北海道最北の宗谷岬から東京経由で鹿児島本土最南端佐多岬までの距離とほぼ同じです。

初撮影種の11種を紹介します。

エゾトンボ
北海道で一番多く見たトンボです。
エゾトンボが撮影出来たことで熊本で記録がある97種全て撮影出来ました。

画像


コエゾトンボ
エゾトンボ科は捕獲しないと種の判別がつきません。
今回は2個体だけ捕獲撮影出来ました。

画像


キバネモリトンボ
翅の根元が黄色で目視でも種の判別が出来ます。
7カ所で観察出来ました。

画像


モリトンボ
キバネモリトンボの翅が黄色くないのがモリトンボです。
運よく1個体、捕獲撮影出来ました。

画像


ホソミモリトンボ
探しても探してもなかなか見つからず1番苦労しました。
こちらも運よく1個体、捕獲撮影出来ました。

画像


ルリボシヤンマ
九州には生息してないトンボです。
釧路湿原では比較的多かったです。

画像


イイジマルリボシヤンマ
北海道の一部の地域しか生息してない珍しいトンボです。
オオルリボシヤンマ、ルリボシヤンマに比べると小さく、見慣れてくると飛んでいても識別出来ます。

画像


マダラヤンマ
ブルーが綺麗なトンボです。
ポイントでは比較的多く観察出来たのですが、撮影が難しかったです。

画像


ムツアカネ
雄は黒く、日本では珍しい色のトンボです。
思っていたより小さく可愛かったです。

画像


ヒメリスアカネ
3か所で観察出来ましたが、生息地は局地的でなかなか見つからなかったです。

画像


エゾアカネ
翅のオレンジが綺麗なトンボです。
知床でメス1個体だけでオスには会えずでした。

画像


秋の飛来種は時期が早いため観察は出来ませんでした。
北海道で生息しているトンボは残すは2種です。
アカメイトトンボとクモマエゾトンボです。

トンボのホームページ「飛ぶ宝石・トンボの世界」には既に今回の撮影種と北海道旅日記2017をアップしております。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道トンボ遠征2017 天草のbatsumaru日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる