イトトンボ - 銀色の流れの翅のある宝石達

洋書の『イトトンボ - 銀色の流れの翅のある宝石達』 Demoiselle Damselflies – Winged Jewels of Silvery Streams 、KARJALAINEN,S. and HAMALAINEN,M.を購入しました。

画像


この本はトンボ図鑑というより写真集といった感じです。
でも文章が非常に多く、写真も少なめです。
写真のクオリティーは高く、逆光モノクロ風や面白い構図で撮影された写真もあり、撮影された方の芸術性も見えてきます。

画像

画像

画像


本の最後の方には、トンボの歴史なども書いてあり、日本のトンボ柄の帯や昔の絵画なども紹介されています。

今年出たばかりの新刊です。
ハードカバーです。

英語とフィンランド語で書かれています。
アルファベットのa、A、oの上に2つの点があります。
これがフィンランド語の特徴か?
フィンランド語までくるとお手上げです・・・
 
224 pp, 17x21cm, hardover, English and Finnish

個人輸入されているのでちょっと高めですが、他の所では購入できない本も多く、マニアには魅力的かも!

もう1冊フランスのトンボの洋書を頼んでいますが、只今フランスは夏のバカンス中で9月にならないと発送がされないようです。
ヨーロッパのトンボ図鑑はレベルが高いから楽しみです~

今回はこちらから購入しました。

Nature Books

洋書の『イトトンボ - 銀色の流れの翅のある宝石達』 Demoiselle Damselflies – Winged Jewels of Silvery Streams のページはこちらです。

イトトンボ - 銀色の流れの翅のある宝石達

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

神鯖
2013年08月27日 00:35
初めまして、熊本市に在住のカミサバと申します

最近トンボ撮影に興味をもちまして、市内の江図湖を中心に活動しています
カメラ自体が、家族や記念などをフィルムやコンデジのオートで13年ほど撮影してはきたのですが
今年に入り一眼デビューに伴い、被写体を探すなかでトンボ撮影に目覚めてコツコツ独りで楽しんでいます

前置きが長くなったのですが、今回コメントしたのは
どうしてもマルタンヤンマの雄を見たく、熊本市内での発見情報などないか検索するもヒットもせずでした
そんななか、こちらのHPが常に検索にヒットし
見れば天草とありましたので、同郷のよしみでマルタンヤンマと会えるヒントを伝授していただけないかとコメントしてみました
さすがに熊本市内方面では無理でしょうか?
阿蘇あたりなら可能でしょうか?
なにとぞご教示のほど宜しくお願いします
2013年08月27日 21:53
神鯖さん、初めまして!
マルタンヤンマ私も憧れのトンボですよ。
出張先なのでアドバイス程度しか出来ませんが、熊本市内でも里山があり、周りを森林に囲まれた溜池があるポイントがお勧めです。
メスは産卵にやってくるので、湿地で出くわす確率が高いのですが、オスに会える確率は低いです。
でも真夏の暑いときには、溜池周りの木の枝にぶら下がって暑さを凌いでいるので発見する確率がグーンと上がります。
※林内を歩くときはヘビもいるので長靴がいいかもです。あと蚊も多いので防虫スプレーも必需品ですよ!

あとマルタンヤンマ、ヤブヤンマ、ネアカヨシヤンマなどは夕方の黄昏時に多く飛翔します。
でもシルエットで識別は難しく、撮影も困難です。
熊本市内では立田山憩いの広場?の湿地が種類が多いかな?
行かれたことあるかな?
もしかしたらいるかもしれません。
ぼちぼちマルタンヤンマも終盤です。
発見出来るといいですね!
神鯖
2013年08月29日 07:27
おはようございますm(__)m

詳しく説明して頂いてありがとうございました!
たつた山は一度だけトンボ撮影に行ってみました
日頃はもっと近場の江図湖周辺なので
たつた山の、山という地形に自然の厳しさを垣間見て早々に逃げ帰りました(T_T)
ご指摘の通り蚊が多く、蜂の姿もかなり見たもので
装備の軽さを反省した次第です

しかしお返事を頂けて、改めて装備を整え挑戦してみます!
ありがとうございました!( ̄∇ ̄*)ゞ

出張頑張られて下さい


あ、せっかくの同県ですので
簡単に僕の素性を…
家族写真を10数年間、フィルムのバカチョンカメラ→安物のコンデジでカメラ任せのオートで
そんな折に、もう一つの趣味仲間が一眼購入を期に
ぼくも興味を持ちまして、今年のGWにV1にてデビュー
盆にD7100を購入して楽しんでます
まだレンズは安いのしかないのですが、とにかくトンボ撮る割合が何故か多く、現在に至ります
駆け出しですが、宜しくお願いします!

僕の不定期ブログ ガンダM工房 URLじゃなくすみません
ちょくちょくHP覗きにきますね
ありがとうございました

この記事へのトラックバック