テーマ:和書

ぜんぶわかる!トンボ

尾園 暁 (著者)、 二橋 亮 (監修)の『ぜんぶわかる!トンボ 』 が発売されました。 表紙になっている日本最大のトンボ、オニヤンマの写真が多く使われています。 幼虫で3年から4年すごし、成虫になるオニヤンマのくらしと身近に見られるトンボ66種類、複眼や翅の秘密、幼虫の種類や飼い方などを200点以上の写真で詳しく紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界のカワセミハンドブック

世界のカワセミハンドブックが販売されました! 世界のカワセミ類70種を紹介したハンドブックです。 著者は大西敏一さんです。 世界中の綺麗で可愛いカワセミばかりで見惚れてしまいます! 大阪の友達のfeathercollectorさんの写真も多く掲載されています。 feathercollectorさんのブログ fe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島のトンボ

初広島でただで帰る訳にはいけません。 後泊自腹で翌日トンボ探しでした! 検索すると帰りのインターそばにいい公園があるではないか! 前日の天気は、午前晴れ、午後雨の予報。 しかし、朝からどんより・・・・・ トンボで曇りは雨と同じ・・・・・ 公園に着くと・・・・・休園日・・・ 特別に管理人さんに入れて頂きました。 あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

哺乳類のかたち

文一総合出版から 『哺乳類のかたち』 が出版されました。 仕事柄、哺乳類に出会うことが多い私。 野生サル100頭以上の集団、鹿、イノシシ、キツネ、イタチ、テンなど色々出会います。 哺乳類の足跡や糞など多く見かけますが、「これは何だろう?」と思うことも多々あります。 そんな時に『哺乳類のかたち』 が活躍しそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタルカメラ 昆虫撮影術

『デジタルカメラ 昆虫撮影術』著者:海野和男、湊和雄、高嶋清明、尾園暁が3月18日に発売されました。 これから昆虫撮影を始められる方、ベテランの方にも非常に参考になる撮影術が盛り沢山です! この本を手にするとあなたの写真が素晴らしいものに変身すること間違いなし! デジタルカメラ昆虫撮影術 プロに学ぶ作例・機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670

鳥くんの比べて識別! 野鳥図鑑670が3月17日に発売されます。 魚界に魚くん、鳥界にも鳥くんがいるのです~ 2,500点以上の写真で雌雄、成鳥、幼鳥、若鳥、夏羽、冬羽、換羽中の個体、亜種、個体差を紹介されています。 日本で記録のある鳥類および移入種と、今後、記録される可能性のある野鳥、670種が載っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の野鳥650 いよいよ発売!

真木広造さんの『日本の野鳥650』が2月10日に発売されます いよいよ発売ですね! 私も楽天ブックで注文済みで、明日か明後日には手元に届く予定です。 590から60種増えて650種。 外来種(かご抜け)や今後日本で見られると予想される種なども約50種を収載。 ということは約700種この本に載っていることになりま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本の心を伝える 年中行事事典 岩崎書店

岩崎書店から11月30日に『日本の心を伝える 年中行事事典』が発売されます。 日本各地で行われている年中行事をわかりやすく解説されている本です。 子供の頃した行事もあり、懐かしく、昔を思い出しながら読みました。 皆さんの地元の行事も載っていると思いますよ! 以前、このブログで紹介した幸木(さわぎ)の写真がこの本に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の野鳥650 真木広造

真木広造さんが『日本の野鳥590』の後継版として『日本の野鳥650』を12月25日発売されます。 ※2014年2月10日に延期になりました。 全ての写真を真木広造さん一人で撮影されています。 殆どの図鑑が写真提供されているものばかりなので凄いことです。 お金も時間も凄くかけられています。 解説を担当されている大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィールドガイド 日本の猛禽類 vol02 サシバ

以前、紹介した「フィールドガイド 日本の猛禽類 Vol01 ミサゴ」に引き続き「フィールドガイド 日本の猛禽類 Vol02 サシバ」が発売されました ビギナーからベテランまで多くのバードウォッチャーが野外での観察を通して本種の生態をより深く理解できるよう、詳しくもわかりやすいガイドになっています。 サシバの性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森のハヤブサ

『森のハヤブサ―ナニワの空に舞う』著者 与名正三を購入します。 「ハヤブサ」は環境省レッドデータリスト絶滅危惧種II類に指定されている猛禽。 普段は海 岸や山地の岩場、草原等に生息しているが、近年は市街地でも生息するケースが増えています。 野鳥写真家の与名正三さんが、6年間、 約400日にわたりその行動と生態を記録した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水辺の虫の飼いかた―ゲンゴロウ・タガメ・ヤゴほか

水辺の虫の飼いかた―ゲンゴロウ・タガメ・ヤゴほかを紹介します。 ゲンゴロウやタガメの仲間の、種類にあわせた水そうの準備や、産卵のさせかた、飼育方法などを具体的に解説されています。 ヤゴの羽化を観察するためのポイントも詳しく解説されています。 大型本: 39ページ 出版社: 偕成社 発売日: 1999/03 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フクロウ―その生態と行動の神秘を解き明かす

『フクロウ―その生態と行動の神秘を解き明かす』を紹介します。 日本で記録のあるフクロウ類12種の生態と行動を、美しい写真と最新の研究や観察例によって解き明かす、ネイチャーグラフィック誌。 フクロウ、トラフズク、コミミズク、オオコノハズク、コノハズク、アオバズクに関しては、原寸大のイラストも掲載されています。 巻末に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国・四国のトンボ図鑑

中国・四国のトンボ図鑑を紹介します。 中国・四国にいるすべてのトンボを網羅したトンボ図鑑です。 美しい生態写真満載です。 単行本: 255ページ 出版社: ミナミヤンマクラブ 発売日: 2008/07 商品の寸法: 21 x 15 x 2 cm 中国・四国のトンボ図鑑ミナミヤンマクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタルカメラ花の撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック

『デジタルカメラ花の撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック』が発売されています。 今のカメラはよくできていて、花にレンズを向けてシャッターを切るだけで、そこそこ美しい花の写真を撮ることができます。 でも、写真をよく見てみると「花がぶれている」「花の色が暗い」「花が明る過ぎる」「意図したところにピントが合っていない」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近畿のトンボ図鑑

近畿のトンボ図鑑を紹介します。 近畿にいるすべてのトンボを網羅したトンボ図鑑です。 美しい生態写真満載です。 初心者からベテランまでカバーする図鑑です。 単行本: 239ページ 出版社: ミナミヤンマクラブ 発売日: 2009/07 商品の寸法: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フクロウ URAL OWL

フクロウ URAL OWLを紹介します。 フクロウの素晴らしい写真が目白押し! ページをめくるたびに感動が押し寄せてきます。 10年にわたり撮影された膨大な写真の中から、自然のままのフクロウの魅力をとらえた究極のベストショットのみを厳選して収録! フクロウを愛するすべての人におすすめの1冊です! 私も持っていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田んぼは野鳥の楽園だ 大田 眞也

日本野鳥の会 熊本県支部会員の大田 眞也さんが 『 田んぼは野鳥の楽園だ 』 を出版されました。 田んぼに飛来する鳥170余種の観察記です。 鳥たちは田んぼで何をしているのか。 人はどのように鳥たちと交流してきたのか。 営々と築かれてきた豊かな自然=田んぼの存在価値を鳥の眼で見たフィールドノートです。 地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のトンボ 第二版

2012年7月に発売された『ネイチャーガイド日本のトンボ』の売れ行き好調で、3月1日に第二版が出版されます。 2012年8月に環境省第4次レッドリストが発表されました。 今回の第二版で第4次レッドリストが採用されています。 また、一部誤りがあった点も訂正されています。 こちらから訂正箇所がダウンロード出来ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマタカ

クマタカ(著者:若尾 親)を紹介します。 森に生きる孤高の猛禽、クマタカ。 クマタカの生態がギッシリ詰まった写真集です。 猛禽類好きにおすすめの1冊です! 大型本: 119ページ 出版社: 平凡社 発売日: 2011/10 商品の寸法: 29.8 x 21.4 x 1.8 cm クマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のトンボ図鑑

北海道のトンボ図鑑を紹介します。 北海道にいるすべてのトンボを網羅したトンボ図鑑です。 美しい生態写真満です。 付録にCD‐ROMがついているのが有難いです。 来年?2年後は北海道トンボ撮影か!? 単行本: 183ページ 出版社: ミナミヤンマクラブ 発売日: 2007/07 商品の寸法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメの謎: 身近な野鳥が減っている!?

『スズメの謎: 身近な野鳥が減っている!?』著者:三上修を紹介します。 皆さんの身近でスズメ減っていませんか? 日本人の暮らし方が変わり、人間と付かず離れずの距離感で生きてきたスズメが減少しているといわれています。 その実態は? スズメが少子化している事実を科学的に検証します。 そもそもスズメは日本に何羽くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だれでもできるヤゴ救出大作戦

『だれでもできるヤゴ救出大作戦―身近なプールは生きものワンダーランド』を紹介します。 プールのヤゴを救出せよ! 「ヤゴ救出作戦」で命の尊さを学びます。 ヤゴの観察・採集・同定・飼育にプールのエコアップ。 プールが本格サイエンスの場にるノウハウを徹底解説されています。 ワークシートつきはありがたいです。 昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンムリワシ―守るべきもの、石垣島の白い天使

『カンムリワシ―守るべきもの、石垣島の白い天使』 を紹介します。 来年、石垣島で観察するカンムリワシ。 カンムリワシは絶滅を危惧される特定天然記念物。 野鳥と自然を愛するすべての人におすすめの写真集です。 大型本: 96ページ 出版社: 雷鳥社 発売日: 2011/6/23 商品の寸法: …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界の美しい鳥

『 世界の美しい鳥 』が発売されました。 宝石のように美しい世界の鳥、約180羽が紹介されています。 宝石のような野鳥から、花のような小鳥。 世界の空を彩るおしゃれで華やかな鳥たちが魅せる配色、造形美、色とりどりな世界の鳥が掲載されています。 世界の美しい鳥つながりで、私のお気に入りWEB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワシタカ・ハヤブサ識別図鑑 真木広造

真木広造さんが 「 ワシタカ・ハヤブサ識別図鑑」 を出版されました。 鳥類のウォッチングで一番人気のワシタカ。日本での記録がある35種を、雌雄や成鳥と幼鳥などで見分けることのできる図鑑です。 私の仕事でも大活躍するでしょう! 今年、秋に長崎県諫早で出現したマダラチュウヒ幼鳥、アカアシチョウゲンボウ♂若鳥、♀も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くまもとの野鳥 写真図鑑 残りわずかです!

2009年9月30日に日本野鳥の会 熊本県支部が発行した『くまもとの野鳥』写真図鑑が残りわずかになりました。 全部で4545冊を印刷したのですが、在庫はすでに200数十冊になりました(11月末現在) 在庫が少なくなってきたという事や、発売から丸3年経過したという事もあり、書店の方での販売は10月いっぱいで終了致しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィールドガイド日本の猛禽類 vol.01 ミサゴ

フィールドガイド日本の猛禽類 vol.01 ミサゴが発売されました。 著者は、渡辺靖夫さん、越山洋三さん、先崎啓究さん、伊関文隆さんです。 伊関さんはいつもご一緒されて頂く仕事仲間、先崎さんも1度一緒に仕事をしたことがあります。 お二人とも凄いスペシャリストです。 私が入っている日本野鳥の会熊本県支部の塚原和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語鳥図鑑を読むための英和鳥用語辞典

英語鳥図鑑を読むための英和鳥用語辞典を購入しました。 英語の野鳥図鑑(フィールドガイド)に現れる単語を収集し、その訳、語分類、用例、文献を記載した辞書である。 CD-ROMを添付しており、Excel形式の原データのほか、pdf形式のファイルを収容している。 約20冊にのぼる世界各地の野鳥図鑑から、約2.5万語の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海鳥識別ハンドブック

海鳥識別ハンドブックを購入しました。 日本近海で記録のあるミズナギドリ類、アホウドリ類、ウミスズメ類、トウゾクカモメ類などに、今後飛来が期待される未記録種を加えた約90種の海鳥を精密なイラストで紹介されています。 年齢による変化や亜種の違い等も野外観察による確認が可能な範囲で図示、識別点はわかりやすく番号で表示されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more